勃起不全を攻略せよ!

心因性の勃起不全は治せる

心因性の勃起不全は仕事などのストレスが原因で起きる症状なので通常の場合は体力が回復すると症状も完治するのですが、ストレスによってセックスの時に不安を感じてしまうと勃起に必要な血液がペニスに集中しないので、勃起不全が続いてしまうことがあります。心の問題なので心療内科などでも治療を受けることができますが、一般的には泌尿器科や大学の専門外来などを受診して治療をします。心因性の勃起不全の治療は認知行動療法と勃起改善薬などによって行なわれますが、勃起不全の期間が長い場合には完治するのが難しいので半年以上かかる場合があります。セックスは夫婦の信頼関係を保つために必要不可欠なものなので、勃起改善薬を服用して正常なセックスをして、少しずつ自信を取り戻すことが重要です。心因性の勃起不全はセックス中に他のことを考えることで交感神経が興奮してしまって、ペニスの血液が心臓や脳に流れるのが原因なので、セックスをする前にリラックスをすると勃起不全を改善することができます。リラックスをする方法としては抗不安薬などの薬を服用するものもありますが、ハーブティーを飲んだり、少量のアルコールを飲むことで心を落ち着けることができます。また薬に頼らずに心因性の勃起不全を治療する場合には自律訓練法や認知行動療法をすることが必要で、これらを習慣にすることで勃起不全の再発を防ぐことができます。自律訓練法は副交感神経の活動を強めて、交感神経の興奮状態をしずめるための方法で、毎日2回から3回程度行うだけで交感神経の過剰な興奮を抑えることができます。認知行動療法は実際に不安な状態を経験することで、場所や行為に対する恐怖心を無くすための治療法です。

器質性の勃起不全の改善方法とは?

器質性の勃起不全の原因は心臓病や動脈硬化、糖尿病などの病気が大部分を占めているので、改善方法としてはこれらの病気を治療することが重要です。また生活習慣を改善することで加齢による勃起不全を防ぐことができるので、血管に悪い影響を及ぼすとされているタバコやアルコールなどを控える必要があります。器質性の勃起不全は生活習慣病によって引き起こされることが多いので、健康診断などで血糖値やコレステロール値などに問題がある場合には早めに改善をすることで勃起不全を防ぐことができます。勃起改善薬は器質性の勃起不全にも効果があるので、服用すると勃起を維持することができますが、体力の上限を超えたセックスをすると心臓などに無理な負担がかかって急性の心筋梗塞などのリスクが高まります。勃起改善薬は一般的には血管を拡張することでペニスの血流を増やすので動脈硬化などに悪い影響をおよぼすことはありませんが、心拍数を急激に上げる事で急性の症状が出るリスクが高まってしまいます。心因性の勃起不全はストレスが原因なので休養をとることで改善するのですが、長期的に勃起不全が続く場合には治療が必要で、勃起改善薬の他に抗不安薬などを服用することでセックス中の不安や緊張を和らげることができます。勃起不全は基本的には加齢によって起きるものが多いのですが、とくに血管年齢との関連性が指摘されているので、血管に悪いとされる生活習慣を改善することで加齢による勃起障害を防ぐことができます。また高齢になると性欲が低下しますが、個人差があるので勃起改善薬を服用する場合もありますが、心臓病や心筋梗塞などを過去に治療した人に関しては半年程度服用することができません。

若い人でも勃起不全になる

勃起不全は若い人でも悩むことがある症状ですが、若くして男性機能が弱まってしまう様々な原因があります。原因としては例えば過度の緊張です。初めての性行為だったり、初めての相手の場合ですと緊張してしまうことがありますが、過度の緊張をすると勃起を促す神経が上手く機能せずに勃起不全を発生させることがあります。これは一時的なものだったりしますが、しかしながら失敗の経験として脳裏に刻まれてしまい、それから男性機能が働き難くなることもあるのです。要は心理的な圧迫によって勃起不全になっているのですが、失敗の経験を上書きするなどしないと自信が持てずに改善されないこともあります。日頃のストレスも原因です。人は誰しも何かしらの悩みを抱えることがありますが、悩みがあると男性機能も働き難くなります。それだけ男性の心理はデリケートなことを意味しており、現にストレスが原因で勃起し難くなるケースが多いのです。勃起不全の原因は他にも身体的な衰えだったり薬による副作用によって発生することもありますが、若い人の場合ですと心因性の勃起不全の場合が多いと言えます。その為、原因になっている精神的な負担を取り除くことによって改善できる可能性があると言えるでしょう。原因を取り除いてもなかなか改善されないようなら薬に頼っているのも選択肢の一つです。勃起を治療する為の薬を用いたことで改善ができるケースもありますので活用してみるのも良いかもしれません。なお治療薬を用いる場合、性的な刺激や興奮が必要不可欠です。つまり飲んだだけでは改善はさせられません。刺激や興奮を感じる中でサポートをしてくれるのが治療薬の働きですので、そもそもの性的な欲求がなかったりすると効き目がないこともありますので注意しましょう。